廃車の買取時のレッカー代

   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

廃車にする車が自力で走行できない場合は、引き取り担当者が自宅にレッカー車で引き取りに来るということになります。傷やへこみ、片方のタイヤのパンクなどの自走できる状態であれば、レッカー車は必要ありません。レッカー代が有料であると知らず、後で請求されて驚いてしまう人もいるようです。レッカー代にいくらかかるのかについては、査定料や手続きにかかる費用と同様に、事前によく確認しておくことが大切です。
レッカー代の相場は大体の場合15000円程度ですが、高い業者では20000円ほどになる場合もあります。手放す車に対して何万円ものレッカー代をかけるのはためらわれるという人は、決して少なくありません。

レッカー代が無料の業者が人気

廃車買取業者の中には、レッカー代が一切かからない業者もあります。レッカー代を無料に設定できる理由は、状態の悪い車もであっても、資源としての価値を持っているためリサイクルに回して、その販売益でレッカー代を賄えるからです。廃車買取業者では、不動車や損壊の激しい車でもパーツに分解してリサイクルするほか、鉄やアルミニウムなどの貴重な資源としても販売できるルートを持っています。
0円以上で不動車や事故車を引き取ってくれるだけではなく、レッカー代が浮いて、車の状態によっては数万円の値が付くこともあります。これがレッカー代無料の廃車買取業者が人気を集める理由の一つです。また、ただ廃車にするのではなく、パーツや資源としてリサイクルできる廃車買取は、地球の環境保護の観点からみても優れています。

車の引き取り時に気を付けるべきポイント

レッカー車が必要になる場合、レッカー車は車体が大きいため、自宅周辺の道路状況を前もって業者に伝えておく必要があります。自宅前の道路の幅や侵入経路などについて、業者と打ち合わせておきましょう。
カーナビやetcなどの各種パーツを取り外すことが可能な業者もあります。お客さんの立ち合いのもと、それらのパーツを取り外してから車を引き取ってもらうことになります。こちらも、事前に取り外したいパーツがあることを業者に伝えておきましょう。
引き取りに立ち会いができない場合は、郵送手続きに対応している業者を選べば立ち合いなしで車を引き取ってもらうことができます。必要書類の受け渡しや手続きを全て郵送のやり取りで完了できるので、忙しい人にはおすすめの方法です。